北インドの奥地南サラハン・ビジャト寺院を求めて
~ヒマーチャル地方木造建築を求めてVol.05

South Sarahan / ビジュト寺院

南サラハン・ビジャト寺院]

センジから車で1時間ほどいった町から、さらに悪路を1時間ぐらい?
(もう古い記憶でよくわからなくてすみません)行ったところにある「南サラハン」
チョパール渓谷にある。
町の人に写真を見せながら、道中をたずねていたら、一人の女性が案内をしてくれた。

南サラハン・ビジャト寺院

寺院の中は子供たちの遊び場になっていた。
寺院の一角に木で作られた風鈴のようなものが取り付けられ、涼しげな音を奏でていた。
実に居心地のいい場所だ。

ビジャト寺院と子供たち

遊んでいた子供たち。
恐る恐るカメラを覗き込む。

南サラハン・ビジャト寺院

南サラハン・ビジャト寺院

後から取ってつけたような外観。
左右デザインが微妙に異なる。

これは、左の塔が後に作られたためだそうだ。
左右対称に見られたこの形も、見比べると面白い。

カメラを覗き込む子供たち

近づきすぎ・・・

南サラハン・ビジャト寺院

塔の入り口の彫刻。

南サラハン・ビジャト寺院

左の入り口にはお布施箱が。

南サラハン・ビジャト寺院

塔の装飾。
人の顔を型どった彫り物。

南サラハン・ビジャト寺院

人の顔を型どった装飾が目立つ。
とても愛らしい。

南サラハン・ビジャト寺院

寺院の入り口。
順序が逆になってしまったが、この入り口をくぐると、先ほどの景色が広がってる。

南サラハン・ビジャト寺院

裏から見た姿。

南サラハンの親子

子供が可愛い。
なかれちゃいましたけど・・・

牛の蛇口

この町の水飲み場はなかなか洒落ている。
水の出る口が、「牛」の顔をしているのだ。
コレは可愛い!!

南サラハンの食堂

軽く食事をとって一つ手間の町に戻る。
が、宿がない。
唯一見つけたホテルも馬鹿高い、
親切な警察官が紹介してくれたホテルも従業員が見つからず、しばらく待ってみたが戻ってこない。
しょうがなく、昨日の生活感あふれる宿へ。


※この記事は2002年8月に訪れたインド旅行記です。記事の中身は当時のもですので最新の情報をお確かめください。
引き続き下記のリストを選んで旅行をお楽しみいただけます。



  1. 目次~ヒマーチャル地方木造寺院を求めて
  2. インドの洗礼
  3. 北インドの避暑地シムラ
  4. 美しい木造建築ビーマ・カーリー寺院へ
  5. 悪路のサトレジ渓谷・センジの旧王宮
  6. ◆北インドの奥地南サラハン・ビジャト寺院を求めて
     ↑ いま見ている記事 ↑ 
  7. 誰も知らないカダラン
  8. もう一つのインド
  9. まるでプリン?クッキー?なクトゥブミナール

関連記事

  1. シムラの街並み
  2. 旧イギリス領事館
  3. ビーマ・カーリー寺院の夜景
  4. カダラン・ライレムール寺院
  5. クトゥブ・ミナール
  6. 飛行機でインドへ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up Picture

最近の記事

  1. ムーミンランド写真
  2. カサバトリョ
  3. サグラダ・ファミリア教会夜景
  4. 日光江戸村
  5. 日光神橋

最近のコメント

    スポンサーリンク


    猫の為の家造りblogの紹介


    作者のHPにて猫の為の家造りblogを始めました。
    良かったら覗いてみてください。

    http://akatukidesign.com/category/cathouse

    作者の建築設計事務所

     

    作者の建築設計事務所の紹介です
    ライフスタイルをデザインするをモットーに家事楽な家、子育てを愉しむをモットーに設計を行っています

     

    →AkatukiDesign一級建築士事務所のHPへ

    PAGE TOP