ジブラルタル海峡の拠点アルヘシラス
~ジブラルタルを超えて・スペイン編Vol.01

モロッコからスペインに

モロッコのタンジェからフェリーでスペインにやってきました。
これからアンダルシア地方を中心に年末年始のスペイン旅行が始まります!

アルヘシラス

アルヘシラスのフェリーターミナル
無事ジブラルタル海峡を渡りスペインの玄関口、アルヘシラスに到着です。
船旅は1時間くらいだったのですが、スペインにつくともうすっかり夜。

毎度毎度の宿探しがこれから始まります。

(私が乗ったフェリーは他の港に到着後、バスでこのフェリーターミナルまで連れてこられました・・・)

アルヘシラスの街並み

宿は、フェリーターミナルのすぐ近くにガイドブックに載っていない安い宿を見つけ宿泊。
やっと緊張感から開放される。
実は、ターミナルから電話をかけて部屋の空室状況を確認したホテルはどれも満室でちょっと困っていたのだ。
モロッコのタクシー薄&出国問題から始まり、今日は本当に長い一日でした~

そうそう、街中はクリスマスの飾り付け一色。

スペインでは12/25日が本番でなく1/6の主顕節までがクリスマス。

夜の街はとっても綺麗!

アルヘシラスのクリスマス

アルへシラスのメインストリート、アルタ広場周辺。
通りによって飾り付けが違うので、それぞれを見て歩くのがとても楽しい。

アルヘシラスのバール

今日の晩御飯は、バールで。
前回の旅行のあまりのユーロで足りるかなぁと心配のまま入店。

バールとは日本で言う居酒屋さんみたいなところ?
物凄い賑わいでどこのお店も満席。
道端に溢れてわいわいガヤガヤ。
とってもいい雰囲気。
驚きなのが、遅い時間にも関わらず、子供たちが店内に溢れ騒いでいる事。
なんて自由な国なんだ・・・

アルヘシラスのバール

西欧の方って飾りつけがとってもうまい。
さりげない飾り付けがとっても絵になる。
こういうのって文化なんだろうなぁ。
このような額に入れて絵や写真をいっぱい飾る習慣があるからこそ、センスが磨かれていくのだと思う。
日本だと、額に入っているのって先祖の遺影と賞状くらいですもんね・・・

タコスディナー

今日の晩御飯。
タコスやバーガーをおかずにビール&ワインを頂く。
バールではあまり食事という食事を食べる習慣がないようで・・・
ちょっと疲れた胃には辛い夕食となりました。

アルヘシラスの教会

教会の前にはツリーまで。
う~んいい季節にやって来た。

アルヘシラスの街並み

あれほど、バールが賑わっているのに町の広場はひっそりと静まり返っている。
せっかくの飾り付け&ライトアップがもったいないなぁ。

アルヘシラスの街並み

オマケの写真なんですけど、レストランの入り口にあるフォークの飾り。
このフォークの本数でランク付けされているとか・・・


※この記事は2006年12月~2007年1月の旅行記です。記事の中身は当時のもですので最新の情報をお確かめください。
引き続き下記のリストを選んで旅行をお楽しみいただけます。


  1. 目次~ジブラルタルを超えて「イスラム文化・建築を訪ねる旅」~モロッコ編
  2. 目次~ジブラルタルを超えて「イスラム文化・建築を訪ねる旅」~スペイン編
  3. ◆ジブラルタル海峡の拠点アルヘシラス
    ↑  いま見ている記事  ↑
  4. 燃える大地・城塞都市ロンダ
  5. ロンダおかわりヌエボ橋

関連記事

  1. ロンダの街並み
  2. ロンダヌエボ橋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up Picture

最近の記事

  1. ロンダヌエボ橋
  2. ロンダの街並み
  3. アルヘシラスのクリスマス
  4. タンジェの夕焼け
  5. 革細工の露店

最近のコメント

    スポンサーリンク

    猫の為の家造りblogの紹介


    作者のHPにて猫の為の家造りblogを始めました。
    良かったら覗いてみてください。

    http://akatukidesign.com/category/cathouse

    作者の建築設計事務所

     

    作者の建築設計事務所の紹介です
    ライフスタイルをデザインするをモットーに家事楽な家、子育てを愉しむをモットーに設計を行っています

     

    →AkatukiDesign一級建築士事務所のHPへ

    PAGE TOP